パーツによっては車査定で修理が必要な事も

パーツによっては車査定で修理が必要な事も

車買い取りには幾つかセオリーがありますが、その1つは修理です。
一般的に中古車買取の業者は、ホームページで修理不要ですと明示している事が多いですね。実際その通りです。
なぜならば、修理はお金がかかります。修理する事で多少売却額がアップするかもしれませんが、修理代の方が高く付いてしまう事が多いですね。また買い取り業者としても、そもそも修理歴がある車は敬遠したいでしょう。ですので修理を依頼せずに、車の査定を依頼するのがセオリーなのです。

 

走行の要となる箇所

 

ところで車のパーツの中には、走行に不可欠なものが幾つかあります。例えばミラーなどは、どう考えても必要ですね。バックミラーが無いと、バック運転をするのに不自由するでしょう。それとランプなども、やはり安全運転の為には必要不可欠ですね。
ところでそれらのパーツが破損してしまっている事例も、たまにあります。そこが破損しているとなると、ちょっと交通ルール上の問題が発生する事があるのです。一歩間違うと交通ルール違反と指摘されてしまう場合があります。

 

修理が必要になるパーツも

 

上記のようなパーツが破損しているのであれば、むしろ修理を依頼する方が良いです。なぜならば車の買取業者に対する印象に関わってくるからです。
そもそも買取業者としては、やはり交通ルール違反を起こしているような車を買い取りたいとは思わないでしょう。それが原因で買い取り金額が下がってしまう可能性がありますね。
確かに車の買取の手続きでは、修理を行わなくても問題はありません。しかしランプやミラーのように走行に必要不可欠なパーツであれば、むしろ修理を依頼するべきなのです。基本的に重要度が高いパーツは、ちょっと補修をしてから車の査定を依頼する方が良いと思います。